• 産地・年代・品種で絞り込む

    • フランス ボルドーで探す
      • メドック地区
      • メドック地区格付
      • ブルジョワ級格付
      • グラーヴ地区
      • グラーヴ地区格付(特選銘柄)
      • ボルドー右岸
      • サンテミリオン地区格付
      • ソーテルヌ地区
      • AOCボルドーなど他
    • フランス ブルゴーニュで探す
      • コート・ド・ニュイ地区
      • コート・ド・ボーヌ地区
      • ブルゴーニュのその他の地区
      • ブルゴーニュ格付
    • フランス その他の地方・地区
    • イタリアで探す
    • ドイツで探す
    • ヨーロッパ以外の国々

    年代で探す

    • 〜1949年代以前
    • 1950年代
    • 1960年代
    • 1970年代
    • 1980年代
    • 1990年代
    • 2000年代
    • 2010年代

    ブドウ品種で探す

    メジャーな品種

    赤品種

    白品種・その他

閉じる

メニュー

おすすめ商品

チーズ

ワイン

特長から探す

タイプで探す

赤ワイン
すべて
甘口
中甘口
フルボディ(重口)
ミディアムボディ(中重口)
ライトボディ(軽口)
白ワイン
すべて
辛口
中辛口
甘口
中甘口
極甘口
ロゼ
すべて
軽口
中重口
辛口
中辛口
甘口
中甘口
シャンパン
スパークリング

産地で探す

年代で探す

価格で探す

容量で探す

ブドウ品種で探す

ウイスキー

ビール・フード・グッズ

ボンルパのこだわり

生産者紹介 カンティーナ・トラヴェルサ
さながら女王バルバレスコの従者のように。スタルデリに育つブドウの力を引き出すワイナリー。

女王バルバレスコの地に180年の歴史を歩むワイナリー

traversa 北イタリア西部、ピエモンテ州に位置するバルバレスコ村のワイナリー「トラヴェルサ」では、その土地に根ざしたブドウ、そして土地に愛されるワイン造りを大切にしています。
まずバルバレスコと聞いて思い浮かぶのは、「ワインの王様」バローロと並び知られる、「ワインの女王」バルバレスコでしょうか?
両者はピエモンテ州の同地域で作られるワインで、イタリアワインの最高ランクDOCGにも認定されています。
またバルバレスコはバローロと同じネッビオーロ種を主原料としながら、醸造期間の短さ、タンニン量の少なさという違いからやわらかくエレガントな仕上がりとなっています。

このように今ではバローロと並び称され、北イタリアワインの女王様と讃えられるバルバレスコですが、バローロの陰に隠れていた不遇の時期もありました。
そのバルバレスコに180年間向き合い、土地の滋味を表現する事に心を傾けるワイナリー、それがトラヴェルサなのです。

代が替わっても、その土地だからこその味わいを提案し続ける

traversa トラヴェルサの歴史は1834年、ジャコモ・トラヴェルサによってネイヴェの美しい丘の上につくられた素朴なコテージとブドウ畑から始まりました。
今でも創業者の血と意志を受け継ぐ4代目、フラーヴィオとフランコの兄弟によって、バルバレスコで最良の地として知られるスタルデリの丘で真摯なワイン造りが続けられています。
現在はトラヴェルサ家の農場近くの自宅の半分が宿泊施設になっています。そこでは田舎のゆったりとした時間と、フラーヴィオ兄弟のママが振る舞う自慢の手料理、そしてワインを味わう休日を楽しむ事ができるのです。
しかし実際に北イタリアに足を運び土地のワインを楽しむ、それが叶わない忙しさの中でも、ピエモンテの穏やかな風を想像させてくれる力がトラヴェルサのワインにはあります。

健やかな土地に育まれたブドウは、私たち人間にも力を分け与えてくれる

traversa 彼らのブドウ畑は田舎のイタリアらしい佇まいを私たちに見せてくれます。
そして実際の畑作りも化学肥料や除草剤を使用しないビオロジコ農法を採用しています。
また一般的なブドウ栽培では白カビに侵されるのを防ぐボルドー液という殺菌剤を多く用います。硫酸銅を主原料にするボルドー液は化学農薬ではないのですが、土壌とブドウの木に影響を及ぼす恐れがあるため、10年以上前からこの農場では使用を取りやめられています。
さらに健やかな生態系を守るため、下草の処理や人工的にブドウを間引きするいわゆるグリーンハーベストも行いません。そうして作られたワインのラベルひとつとっても、動物や草花が手描き風にあしらわれたデザインに自然への優しいまなざしと、どこかほっとさせてくれるような気取らなさが感じられます。

そんな畑ではどのようなブドウが育まれているのでしょうか?
元々ピエモンテ州は気軽なドルチェット、強い酸味のバルベーラ、甘いアロマのモスカート・・・個性的なブドウが多く実ります。
中でもトラヴェルサでは特に陰干しを意味するパッシート製法のものを含め、カノーヴァとスタルデリ、異なる土地に育つモスカート種の風味を楽しめる、そんなワインも扱っています。
高値で取引されるネッビオーロ種に頼ることなく、この土地に愛されているブドウたちをこの先も愛しつづけることがトラヴェルサのこだわりの一つと言えるでしょう。

気品あるネッビオーロには、その重厚さに耐えうる時間を

traversa また女王バルバレスコの地にワイン造りを生業にする者として、今となっては貴重とも言えるネッビオーロ・ミケの再興にも力を入れています。
3種類のネッビオーロ(ミケ、並んで栽培量の少ないロゼ、主軸となっているランピア)を平均70年と高樹齢になるまで丁寧に管理した後ブレンドし、通常より長いエイジングを経た一本が「バルバレスコ・スタルデリ2013」です。
パワフルな果実味と、重厚感としなやかさを兼ね備えたタンニンに女性的なバルバレスコの特徴を感じることができます。合わせる食事も鴨や鳩、山シギなどのジビエや、トーマ、カステルマーニョといったピエモンテのチーズがおすすめです。

若木から生まれるフラッグシップ

traversa また女王バルバレスコの地にワイン造りを生業にする者として、今となっては貴重とも言えるネッビオーロ・ミケの再興にも力を入れています。
3種類のネッビオーロ(ミケ、並んで栽培量の少ないロゼ、主軸となっているランピア)を平均70年と高樹齢になるまで丁寧に管理した後ブレンドし、通常より長いエイジングを経た一本が「バルバレスコ・スタルデリ2013」です。
パワフルな果実味と、重厚感としなやかさを兼ね備えたタンニンに女性的なバルバレスコの特徴を感じることができます。合わせる食事も鴨や鳩、山シギなどのジビエや、トーマ、カステルマーニョといったピエモンテのチーズがおすすめです。

土地のブドウの個性を楽しむ事こそがイタリアワインの粋

traversa 個性あるものを選ぶのならこの一本を。
「ラ・ジョヴィンチェッラ(2015)」は自然にブドウの粒がその柄から自然に落ちてしまう直前まで待つ、遅摘みのバルベーラ種と、甘さが増すまで陰干ししたフレイザ種を混醸させたユニークな製法で、料理全体の構成を邪魔しないフレッシュな辛口に仕上がっています。

積み重ねた歴史の中に未来を探して

ワイナリーを切り盛りするフランコさん曰く、今育てている白ブドウのナシェッタを使った物と、アメリカ産から接ぎ木されていないネッビオーロ・ミケ100%のバルバレスコをリリースする事が今後の展望だそうです。
共にこの地の伝統ながら今では希少となってしまった品種。敢えて過去に立ち返る事で真新しさが生まれる、そんな事を私たちに教えてくれる1本が期待できます。

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ ラ ジョヴィンチェッラ /2015年
¥ 2,970円(税込)
  • 在庫わずか△
★プルミエクリュ会員価格を見る

1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。以来家族経営を貫いている。地形形成上、母岩にミネラルが非常に多く含まれ、出来上がるワインも上品で複雑味にあふれるものが多い。発酵にはネッビオーロの強靭なタンニンを効率的にかつ必要な量だけを抽出することが出来る水平式のロータリーファーメンターをオーク熟成にはバリックを用いるなど、時流を捉えた醸造設備を備えている。バルベラ70%とフレイザ30%のブレンド。収穫されたフレイザはクリスマス時期まで籐の籠に入れて乾燥させます。ラズベリーやバラの芳醇なアロマとフレッシュ感があります。

この商品を詳しく見る

白ワイン

イタリア トラヴェルサ ランゲ アルネイス 2019 /2019年 /750ml
¥ 3,080円(税込)
  • 在庫82
★プルミエクリュ会員価格を見る

青りんごや爽やかな緑のハーブ、白や黄色の花を思わせるアロマ。澱からの旨味と自然に残ったガス。またマセラシオンによるグレープフルーツ様の苦みも相まって複雑味を口中で感じさせる。

この商品を詳しく見る

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ バルベラ ダルバ ブルディノータ 2018 /2018年 /750ml
¥ 3,080円(税込)
  • 在庫あり◎
★プルミエクリュ会員価格を見る

スタルデリの区画より平均樹齢45年という老樹のバルベラ100%。アリエ産オークのフードル(4000L)に移され36か月の熟成の後にリリース。濃縮した果実味、繊細さと美しい酸味のバランスが取れています。

この商品を詳しく見る

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ バルベラ ダルバ ブルディノータ /2016年
¥ 3,080円(税込)
  • 在庫わずか△
★プルミエクリュ会員価格を見る

1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。以来家族経営を貫いている。地形形成上、母岩にミネラルが非常に多く含まれ、出来上がるワインも上品で複雑味にあふれるものが多い。発酵にはネッビオーロの強靭なタンニンを効率的にかつ必要な量だけを抽出することが出来る水平式のロータリーファーメンターをオーク熟成にはバリックを用いるなど、時流を捉えた醸造設備を備えている。カノーバとスタルデリの両丘からのバルベラ。強いタンニンと酸味が美しい。チャボットは畑に点在する農機具などを入れておく小さな納屋のこと。

この商品を詳しく見る

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ ランゲ ネッビオーロ イル チャボット 2017 /2017年 /750ml
¥ 4,070円(税込)
  • 在庫あり◎
★プルミエクリュ会員価格を見る

フラッグシップのひとつ、バルバレスコ イル チャボットの若木を使用。酸味と濃縮度のバランス。タンニンは細やかで繊細。アリエ産のバリックで熟成。

この商品を詳しく見る

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ バルベラ ダルバ ブルディノータ デル チャボット /2014年
¥ 4,400円(税込)
  • 在庫なし×
★プルミエクリュ会員価格を見る

1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。1834年、バローロの中心地から25キロのほど北東に離れたネイーヴェの丘の上に現当主の曽祖父が設立したカンティーナ。以来家族経営を貫いている。地形形成上、母岩にミネラルが非常に多く含まれ、出来上がるワインも上品で複雑味にあふれるものが多い。発酵にはネッビオーロの強靭なタンニンを効率的にかつ必要な量だけを抽出することが出来る水平式のロータリーファーメンターをオーク熟成にはバリックを用いるなど、時流を捉えた醸造設備を備えている。カノーバとスタルデリの両丘からのバルベラ。強いタンニンと酸味の美しさ。チャボットは畑に点在する農機具などを入れておく小さな納屋のこと。特別限定品。

この商品を詳しく見る

赤ワイン

イタリア トラヴェルサ バルベラ ダルバ ブルディノータ デル チャボット 2017 /2017年 /750ml
¥ 4,510円(税込)
  • 在庫わずか△
★プルミエクリュ会員価格を見る

カノーバとスタルデリの両丘からのバルベラ。強いタンニンと酸味の美しさ。チャボットは畑に点在する農機具などを入れておく小さな納屋のこと。特別限定品。

この商品を詳しく見る