シュロスグート ディール
シュロスグート ディール
1987年に34歳で先祖代々続く醸造所を1987年に34歳で継いだとき、とりわけ心に強くわきあがったのは、紅白ともに大好きなブルゴーニュワインへの憧憬。
そこで、ヴァイス・ブルグンダー、グラウ・ブルグンダー、シュペート・ブルグンダーなどのブルゴーニュ品種からのバリック熟成のワインを造ることに。
現在、主要品種は65%を占めるのはリースリングですが、残りの約35%は白・黒ブドウともにブルゴーニュ品種。
『ゴーミヨ』の編集長であるが故に、自身のドイツ最大の評価本で評価されることはないシュロスグート・ディールですが、「良いワインは木製大樽で自然発酵が必須!」という信念をもつディール氏が、全幅の信頼を置く醸造長のクリストフ・J・フリードリッヒ氏の手掛けるワインは、今や各方面から注目の的。
特に、醸造所の特別なキュヴェである『キュヴェ・カロリーヌ』と『キュヴェ・ヴィクトール』は、ディール氏が目指したブルゴーニュの味わいそのままに、ドイツでこのようなワインに出会えるのか!と衝撃を受けること間違いなしの逸品です。
 
 
 
2001年が初リリース、娘さんの名を冠した『キュヴェ・カロリーヌ』は、シュペート・ブルグンダー100%。収量はなんと25hl/haと驚異的な低さ。木製の開放桶で自然発酵の後、18ヶ月新樽100%で熟成されます。低収量と完熟したブドウにより、美しいルビー色の液体には果実の旨みがぎっしりとつまり、甘味さえ感じるほど。
しかしながら全くくどさはなく、フレッシュなキイチゴやチェリーを思わせる果実味はクリーン、噛み締められるほど豊富なミネラルと酸、新樽100%とは思えない溶け込んだ樽香と、押し付けがましさが全くないタンニンなど、すべてが自然に美しい調和を保っています。
 
息子さんの名を冠した『キュヴェ・ヴィクトール』にはグラウ・ブルグンダー、ヴァイス・ブルグンダーを使用。収量は40hl/haとやはり低く、新樽100%で熟成されます。まろやかでクリーミー、
適度に樽香が聞いたその味わいは、バタール・モンラッシェを髣髴とさせる完成度。
ドイチェ・バリック・フォーラムという団体を主宰するなど、バリック使いのワインの品質向上には余念がありません。

一方、ドイツ伝統の品種リースリングも忘れてはいけません。「この畑のブドウから造られたワインは、金で代価を支払うに値する」という伝承が残る畑、ゴールド・ロッホからのグランクリュ、グローセス・ゲヴェクスは、本当においしいリースリングを味わえる、まさにトップキュヴェ。

桃や南国系果実を思わせる果実味は豊潤にして緻密。口の中でどんどんと膨らむその旨みを酸とミネラルが全体を引き締め、ボディが豊かながらも非常に美しいワイン。この味わいは、上層の薄い粘土質と下層の風化により細かく砕かれた石を多く含む砂利質の土壌と、30-35hl/haという低収量によりもたらされます。

また、トップキュヴェだけでなく、「日常飲めるおいしいワインを!」をモットーに造られた『ディール・ド・ディール』も見逃せないところ。

熟した和梨、花の蜜を思わせる華やかな果実味、キリリとした酸、ピノグリ65%、ピノブラン20%、リースリング15%という3種のブドウを用いているにも関わらず、味わいの方向性が全くぶれない一体感、甘ったるくなく、薄くもなく、非常にキメ細かい味わいに、ディール氏が狙ったとおり、「おいしい!」と素直にうなずいてしまいます。

 

この、食とワインに厳正な審美眼を持つディール氏が、自らの基準にかなうワインを生み出すべく試行錯誤を重ねてきたシュロスグート・ディール。

2006年からは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドなど世界各地で修行を重ねた娘のカロリーヌさんが経営と醸造チームに参加。今後ますまその活躍から目が離せません!

 
 
ドイチェス・バリック・フォーラム
シュロスグート・ディールのオーナー、アーミン・ディール氏が1990年より主催をつとめる団体。加盟者にはマイヤー・ネーケル、ベルンハルト・フーバー、ルドルフ・フュルストなど、バリック熟成のワインのトップの生産者達が名を連ね、「バリックは、あくまで複雑で深みのある味わいをワインに与えるために使うのであり、決して『木の味わい』を与えるためではない」をモットーに、バリック熟成のワインの品質向上に努めています。
 
 
1〜4件 (全4件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


シュロスグート ディール ピノ グリ 2005
115746
ドイツ シュロスグート ディール ピノ グリ 2005 750ml
5,926円
(6,400円)
黄色い果実のやハチミツのような甘い香りにかすかにバニラのような樽香。とろみのあるしっかりとした果実味には、黄桃、アンズ、ハーブが感じられ、非常にボディが厚いながらも、力強い酸のため重苦しさは微塵もありません。木製の大樽とバリックにて自然発酵後、フランス産バリックで10ヶ月熟成(新樽率20%)。



シュロスグート ディール ドルスハイマー ピッターメンヒェン リースリング グローセス ゲヴェクス 2006
35213
ドイツ シュロスグート ディール ドルスハイマー ピッターメンヒェン リースリング グローセス ゲヴェクス 2006 750ml
8,333円
(9,000円)
特級畑ピッターメンヒェンのリースリング種でつくられるワインは、ディール醸造所のフラッグシップであり、リッチでフルーティーな香り、フィネスの良さが表れるグローセスゲヴェクス格付けの厳選された辛口白。


シュロスグート ディール ゴールドロッホ リースリング グローセス ゲヴェクス 2006
35208
ドイツ シュロスグート ディール ゴールドロッホ リースリング グローセス ゲヴェクス 2006 750ml
9,167円
(9,900円)
このワインは特級畑ゴールドロッホのリースリング種でつくられています。パッションフルーツ、ピーチなどのフレーヴァーや最上のミネラル香があり、クラシックなスタイルでドライな余韻が楽しめます。※グローセスゲヴェクスの格付けはVDP協会が認める最高級のワインの証。


シュロスグート ディール キュヴェ ヴィクトル 2008
49356
ドイツ シュロスグート ディール キュヴェ ヴィクトル 2008 750ml
10,000円
(10,800円)
キュヴェ・ヴィクトルは、ピノグリとピノブランのベストな樽のものだけを選んでブレンドしました。樽熟成は10ヶ月。軽い薫香、完熟フルーツ、ハーブの香りもあり、卓越した余韻が楽しめます。
取り寄せ商品です。お問い合わせは、 こちらまで
1〜4件 (全4件)