ドメーヌ デュ コリエ

ドメーヌ デュ コリエ

◆◆ ラインナップ ◆◆

ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュラ リパリエ 2011

繊細で上品な香りがたつ、次第に根菜を洗った時の香りがたち、カシスジャムやマッシュルームの風味も。イチゴを煮詰めた甘さと凝縮感、ブラックチェリーの甘酸っぱさ、強い酸味と太い渋みの押し合うバランスが丁度、深い果実味が隙間なくまろやかにまとめている。

ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン 2011

よく熟したパイナップルから滴り落ちる果汁の香り、干し草やキャラメルを焦がしたような香りがする。酸味のある蜂蜜の、糖が固まった部分を食した甘苦さ、熟成した紅茶、シナモン、胡椒のスパイシーさも。ふきのとうの苦みと青りんごのフレッシュさが縦縞になって交互に感じる。濃密な酸っぱさ、重低音の渋み、共に食す料理を最高に盛り上げようとする包容力を感じる。野菜のてんぷらでも真鯛の塩焼きでも、相性をとことん楽しめそう。


ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュ シャルパントリ 2011

新鮮な生肉から落ちる血の香り、腐葉土、牛舎に足を踏み入れたときのにおい、紅茶やチョコレートの香り。ごぼうと鯛を醤油とみりんで甘辛く味付けしたときの、ほっこりとした旨味を連想する。イチゴのドライフルーツ、黒胡椒、丁子、月桂樹のとがった風味、酸味の強いコーヒーにカシスリキュールの甘味。カカオのシルキーな風味が鼻腔あたりにずっと残る。
ミョウガなどの日本古来の香草を料理のアクセントにすると、ワインと寄り添うように絶妙なコンビネーション。

ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン シャルパントリー 2011

たくあんの古漬け、セロリのツンとした香り、干し草やパイナップルのドライフルーツ、蜂蜜の香りがする。高価な蜂蜜を食したあとの繊細な酸味が口に残る、レモンピールやレモネード、マンゴーの酸味と甘み、かりんなどの味わい、のどに強く残るアルコールの強い圧力、、、若いグレープフルーツを食したときの若々しい苦みは、今後の変化がとても楽しみ、3年後にまた巡り会いたい。

当主はアントワーヌ・フコー、クロ・ルジャールの直系子息

当主のアントワーヌ・フコー氏は1999年に、醸造家の夫人と共にドメーヌ デュ コリエを立ちあげています。
コリエは20年も経たないドメーヌですが、アントワーヌ氏の父はジャンルイ・フコー氏、名だたる星付きレストランのワインリストには、最高級のロワールの赤としてリストされることも珍しくないクロ・ルジャール(Clos Rougeard)の8代目当主、母はシャトー・イヴォンヌ(Chateau Yvonne)のフランソワーズ・フコー女史、まさにアントワーヌ氏はワイン界のサラブレッドです。
コリエは、クロ・ルジャールのワイン造りを踏襲、今や自然派、自然派ともてはやされる時代ですが、クロ・ルジャールもコリエも、除草剤や化学肥料などを用いない自然に向き合ったワイン造りをごく当たり前に続けている造り手です。

アントワーヌ氏は、幼少の頃からワイン造りを学ぶ絶好の環境に育ち、デディエ・ダグノー、シャトー・ド・ヴィルヌーブ、ジャン・ピエール・シュヴァリエ、シャトー・ラトゥール、勿論クロ・ルジャールなどで経験を積んでいます。そして1999年に同ドメーヌの設立に至ります。
残念ながら2015年12月に父ジャンルイ氏は他界、その精神と伝統は息子であるアントワーヌ氏にしっかりと受け継がれ、現在はクロ・ルジャールの当主としても活躍しています。

中世石切場天然セラーで熟成

畑はロワール独自の石灰質土壌で、化学肥料や除草剤などは使わず、有機栽培・ビオロジ―で運営されています。
ぶどうの収穫は手作業で、セラーでは樽で2〜3年熟成されます。ボトリングが決まった時に、やっと試飲が行われ、結果、ボディのしっかりとした、ミネラルを感じられる味わいに仕上がっています。アントワーヌ氏はブレゼ村の石灰質土壌の多様性を表現しようとしています。

1〜4件 (全4件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン 2011
12192
フランス ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン 2011 750ml
6,300円
(6,804円)
5,670円
(6,124円)
よく熟したパイナップルから滴り落ちる果汁の香り、干し草やキャラメルを焦がしたような香りがする。酸味のある蜂蜜の、糖が固まった部分を食した甘苦さ、熟成した紅茶、シナモン、胡椒のスパイシーさも。ふきのとうの苦みと青りんごのフレッシュさが縦縞になって交互に感じる。濃密な酸っぱさ、重低音の渋み、共に食す料理を最高に盛り上げようとする包容力を感じる。野菜のてんぷらでも真鯛の塩焼きでも、相性をとことん楽しめそう。

栽培面積:2.5ヘクタール
品種:シュナン ブラン100%
土壌:砂質 粘土質 リムーザン期およびテュロニアン土壌
樹齢:50〜70年
耕作:有機農法(クロ ルジャールを踏襲)
醸造:6〜12ヶ月アルコール発酵
樽:約30ヶ月樽熟成 新樽比率約20% それ以外は1〜3年落まで使用
年間平均生産量:1万本
※澱引き、バトナージュも実施せず、湿度95%の中世石切場天然セラーで熟成
買い物カゴ


ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュラ リパリエ 2011
12194
フランス ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュラ リパリエ 2011 750ml
7,500円
(8,100円)
6,750円
(7,290円)
繊細で上品な香りがたつ、次第に根菜を洗った時の香りがたち、カシスジャムやマッシュルームの風味も。イチゴを煮詰めた甘さと凝縮感、ブラックチェリーの甘酸っぱさ、強い酸味と太い渋みの押し合うバランスが丁度、深い果実味が隙間なくまろやかにまとめている。

栽培面積:1.5ヘクタール
品種:カベルネ フラン100%
土壌:砂質 粘土質 リムーザン期およびテュロニアン土壌
樹齢:50〜70年
耕作:有機農法(クロ ルジャールを踏襲)
醸造:約3週間のアルコール発酵 その後マロラクティック発酵
樽:約24〜30ヶ月樽熟成 新樽比率約20%  2年落ちの樽はクロルジャールやシャトー・ラトゥールからも購入
年間平均生産量:約6千本
※湿度95%の中世石切場天然セラーで熟成
買い物カゴ


ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン シャルパントリー 2011
12193
フランス ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ブラン シャルパントリー 2011 750ml
9,300円
(10,044円)
8,370円
(9,040円)
たくあんの古漬け、セロリのツンとした香り、干し草やパイナップルのドライフルーツ、蜂蜜の香りがする。高価な蜂蜜を食したあとの繊細な酸味が口に残る、レモンピールやレモネード、マンゴーの酸味と甘み、かりんなどの味わい、のどに強く残るアルコールの強い圧力、、、若いグレープフルーツを食したときの若々しい苦みは、今後の変化がとても楽しみ、3年後にまた巡り会いたい。
買い物カゴ


ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュ シャルパントリ 2011
12195
フランス ドメーヌ デュ コリエ ソミュール ルージュ シャルパントリ 2011 750ml
9,300円
(10,044円)
8,370円
(9,040円)
新鮮な生肉から落ちる血の香り、腐葉土、牛舎に足を踏み入れたときのにおい、紅茶やチョコレートの香り。ごぼうと鯛を醤油とみりんで甘辛く味付けしたときの、ほっこりとした旨味を連想する。イチゴのドライフルーツ、黒胡椒、丁子、月桂樹のとがった風味、酸味の強いコーヒーにカシスリキュールの甘味。カカオのシルキーな風味が鼻腔あたりにずっと残る。
ミョウガなどの日本古来の香草を料理のアクセントにすると、ワインと寄り添うように絶妙なコンビネーション。

栽培面積:1ヘクタールのみ
品種:カベルネ フラン100%
土壌:粘土質 砂質 セノニアン期土壌(約9万年前の白亜系)
平均樹齢:約70年
※La Charpenterieの区画内(赤白計3.5ヘクタール)で、1.5ヘクタールが100歳以上の樹齢
標高:約75メートル ※La Ripailleの区画は約50メートル。どちらもクロルジャールと同じブレゼ村。
耕作:有機農法(クロ ルジャールを踏襲)
醸造:約3週間のアルコール発酵、その後マロラクティック発酵
約24〜30ヶ月樽熟成 新樽比率約20%  2年落ちの樽はクロルジャールやシャトー・ラトゥールからも購入
年間平均生産量:約4000本
※湿度95%の中世石切場天然セラーで熟成
買い物カゴ
1〜4件 (全4件)