hudelot_noellat

HUDELOT NOELLAT ユドロ ノエラ シャルル・ヴァン・カネット

その柔らかで大きく温かな手は、まもなくブドウの樹のように節くれだち、神のワインを創るに違いない

次に欲しいもの、それはミュジニー

現在、ヴージョ村に本拠地を置き、ヴォーヌ ロマネのレ スショやマルコンソーレニュイ サン ジョルジュのミルジェ、シャンボール ミュジニーなどコート ト ドールの主要な生産地に10ヘクタールにわたる区画を所有しています。

1964年に祖父母の婚姻と同時に、ドメーヌ ユドロ ノエラが設立されます。祖母のユディール ノエラの持参畑を合わせ希少価値の高い畑を数多く所有するドメーヌとなりました。

グラン クリュであるクロ ド ヴージョ、リシュブール、ロマネ サン ヴィヴァン、シャンボール ミュジニー、ヴォーヌ ロマネ、ニュイ サン ジョルジュにある多くの一級畑、AOCブルゴーニュに至るまで銘柄も多岐にわたっています。0.69ヘクタール所有のクロ ド ヴージョは、畑全体では50ヘクタールにもなり、多くの生産者が存在し、その実力の差も大きく開いています。そんな中でもユドロ ノエラは本来の類稀な力強さと気品を兼ね備えた生産者として絶大な信頼を受け続けています。

そして若き当主が次に狙うグラン クリュはミュジニー。

ふたつのファミリーネームが合わさった名前

「ユドロ」は創業者であるアラン ユドロ氏から、「ノエラ」はアラン氏の妻ユディールさんのファミリーネームです。ふたりの婚姻により、ユドロが所有していたシャンボール ミュジニーに加え、ノエラの持つリシュブールをはじめとする畑が合わさり、ユドロ ノエラとなりました。

ブルゴーニュの生産者 > ユドロ ノエラ

シャルル ヴァン カネット、アクター並みの容姿

前評判で聞いていたものの確かにハンサム。それも優しい雰囲気を持つ青年です。畑仕事など似合いそうにもないと思いましたが、彼の手のひらはその体格以上に大きく感じ、指の節やしわには日本に旅立つ寸前までしていた作業の名残が。それでもやはり24歳、彼女からバレンタインにもらったという真っ赤なエルメスのネクタイのことを褒めると顔がほころんでいました。

意外に浅いキャリア

まだ20代前半、キャリアを築こうもそれは難しいでしょう。Lycee viticole de beauneで醸造学について学び、就学中にドメーヌ トラフェで研修、卒業後はニュージーランドのマールボローで半年の修行、2008年ワインからユドロ ノエラに携わり、2011年の樽の中で眠るワインも合わせれば4ヴィンテージを世に出したに過ぎないわけです。

そのことについて単刀直入に聞いてみました

そう、キャリアが浅いことを。気分を害したりはしないだろうか、うまくニュアンスが通じるだろうかと思いながら。シャルルさんは顔色ひとつ変えず、「血がそうさせる」と平易に言ってのけました(確かにキャリアの長い短いの質問は意地悪です)。サラッと言うにはワインが代わりにしゃべるでしょう、という自信が伺えたような気がしました。

おじいさんはあなたに継がせたかったわけでしょう?

2005〜2008年まではヴァンサン シュニエ氏(前職はシャトー ド マルサネ)が高齢の祖父のアラン氏を大きくサポートし、ユドロ ノエラの名に恥じないワインを生み出しており、その功績は高く評価されています。さきほどの意地悪な質問を反省して、「おじいさんはあなたに継がせたかったわけでしょう?」と質問を向けると、「そりゃぁ、そうさ」と即答、偉大なドメーヌの世代交代はうまくいったようです。アラン氏は72歳、週2回ほどしか作業場に顔を出さないそうですが、畑・醸造・広報宣伝・経営に至るまでを担う孫をみてさぞ安堵されていることでしょう。

筆者とシャルルさんはシャンパーニュで会っていた?

幼少期をシャンパーニュのランスで過ごしています。筆者は20年弱前ランスに半年ほど住んでおり、もしかしたらジャンヌ ダルクの銅像の前ですれ違っているかもしれません。現在も両親はランスに住んでおり、一世代おいてブルゴーニュに戻ってきたと彼は言っていました。もちろんおじいさんからの強いオファーがあったからです。

冗談じゃなくなるかもしれない、次代の「アンリ ジャイエ」

彼の手掛けた2008、2009年は、リシュブール 2009の93+をはじめ、ロバート パーカー氏により高評価を得ています。彼の滞在中のアテンドをしていたユドロ ノエラ担当の社員が「アンリ ジャイエになるんじゃないかと思うんです、本当に」と言うものですから、冗談と取るか本気と取るかはシャルルさんに任せるとして、そのまま英語で伝えてみました。モゴモゴと口ごもって何か言ったのですが、どうやら本人は"それも悪くないな"と思っているようです。そう、サラブレッドですから、是が非でもなってやる!という闘志をむき出しになどしません。
そして次代のアンリ ジャイエには共に次代を担う友人がいると言っていました。パスカル ラショーのシャルム ラショー、ドニ モルテのアルノー モルテ、ドメーヌ・グロフィエのニコラ・グロフィエ、グロ フレール スールのヴァンサン グロ、情報の伝達は彼らの父や祖父の時代より早く、世代の交流は盛んに行われているようです。

長めのマセラシオン、雑味を嫌いジェントリーに扱う、よりタニックで力強いワインに

シャルル氏は、テロワールをより忠実にワインに反映させるという観点から、以前よりブドウの取り扱いに一層の注意を払っていると言います。まずブドウがタンクに入れられる前に割れたり、つぶれたりしないように丁寧に扱うことに注意し、アルコール発酵のセメントタンクで長めの10日から14日間の低温でのマセラシオンを行います。以前は3日間ほどであったことから比較して、ワインによりはっきりしたストラクチャーを作り出すことができました。また圧搾時に余分な雑味を出さないようにソフトなプレスを可能にし、ワインの移動に重力式を採用することでワインに余計な負担をかけない作り方をしています。 このような方法で、よりタニックでストラクチャーの強さがワインに現れていると言います。

シャルル氏より/ 私の手掛けたヴィンテージの特徴、2009年はタンニンが強く、マッチョ、ブドウの熟成が進んでいた。2010年はシャルルの今まで造ったワインで一番のお気に入り、収穫は少なく、クラシカルな造り。

Wine notes@2010年2月21日 大阪 心斎橋にてメーカーズディナー
Champagne CATTIER Brut Antique 1er cru Bourgogne Rouge 2007 Chambolle Musigny 2007 Clos de Vougeot 2009

抜栓後1時間経過してスタート。今飲んで今美味しいと思えるワイン。AOC村名のワインとは違い理解しやすい、講釈せずに旨いと味わえるワインです。
常用ワインとして数本ストックされることをお薦めします。

ブルゴーニュ ルージュで満足してから飲んでもやはり格上であることは歴然。ワインに芯があり剣のような弾力はテロワールゆえか。赤系果実に加えてタバコなどのビターな要素も加わる。

飲み頃は15年後というから随分早くに揺り起こしたことになります。2回のデキャンタージュ、グラスに注いでからも20分は放置。強引に目覚めさせられたワインの寝起きは非常に悪く、目がシバシバするほどの強いノーズ、温かいわけでもないのにホットチョコレートを飲んでいるかのようにカッカとしています。この若いパワーは食べ物なしでは厳しい、かと言ってこれに合わせる料理は至難の技を要す。10年の忍耐があるなら是非購入を。

ウサギの背肉のルーレ、カリフラワーソース

シャラン鴨とフォアグラのパテ アンクルート

アンコウのサルティンボッカ仕立て 赤ワインソース きのこのボルドーレーズ添え

骨付き仔羊背肉のロースト パンデピスの香り 胡椒風味のジュ ダニョー

シャンパーニュと。幼少期シャンバーニュに住んでいたので、Champagne CATTIER を知っている、メゾンを知っているだけでなく、個人的に知っているようです。

田舎臭さが時差ボケでお疲れのシャルル氏にはほっこりできたメニュー、あっという間に平らげてしまいました。付け添えの野菜のピクルスを残していましたが、野菜嫌い?とにかくこのパテ、美味しい。鴨だけだと確かに田舎臭い料理になりますが、フォアグラを使っているところが引き締めになっていて飽きさせない。ブルゴーニュ ルージュですから洗練されすぎていてもNGなわけで、Easy to drinkと言う親しみやすいワインにこの料理は最高に合っていました。

肉料理かと思えばあんこうです。水分をしっかり飛ばして生臭さはなし、魚ですがお肉に似せた料理の仕方でしょうか...さらに淡白な味わいにしないために生ハムでくるんであります。ソースにはたっぷり赤ワインが使われ酸味のある味わいです。最初にワインにある風味は初々しい酸味、ソースとの相性が○、適度に火が通った芽キャベツもよくフレッシュさを保つこのワインに合います。塩気のある生ハムで包んだあんこうにソースを絡めると、次第にさくらんぼのジャムのような風味を発しだしたワインとまた相性が○。

2回のデキャンタ、大き目のグラスに少量を注ぎ、十分な空気に触れる環境に置くこと20分、それでもテーブルに置かれたときにグラスから発せられるパワーは弱まっているどころか大暴れ、目がシバシバするほどのアルコールと、目で酸味を感じるほどです。湿気を帯び黒く変色した森の倒木から醸し出される匂い、焦げる寸前まで煮詰めたフルーツジャム、シナモンやチョコレート、タバコの風味も時折。これに対峙できるメニューには脱帽、ゴマと味噌を入れたソース、スターアニス、コリアンダー、丁子、シナモン、生姜などのスパイスを随所に使い、だからと言って攻撃的でもなく、ワインに半歩遅れて追随する...お口休めには里芋と菜の花を忘れない!

1〜9件 (全9件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


シャルル ウ゛ァン カネット ブルゴーニュ ルージュ 2013
9137
フランス シャルル ウ゛ァン カネット ブルゴーニュ ルージュ 2013 750ml
3,889円
(4,200円)
近年注目を浴びているドメーヌ、ユドロ・ノエラの若手実力者、シャルル・ヴァン・カネット氏が自らの名前を冠したネゴシアン・ラベル。しなやかさと滑らかさを備え、果実味と酸のバランスの良いワインです。


ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー 2013
9907
フランス ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー 2013 750ml
10,185円
(11,000円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。このワインは所有面積は10箇所の区画からなる1.83ha。味わいは柔らかくエレガント。


ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー 2012
94503
フランス ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー 2012 750ml
7,870円
(8,500円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。このワインは所有面積は10箇所の区画からなる1.83ha。味わいは柔らかくエレガント。
こちらまでお問い合わせください。


ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2013
9913
フランス ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2013 750ml
18,519円
(20,001円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。所有面積は0.68ha。ミュルジェはニュイ・サン・ジョルジュの北の丘に位置する秀逸な1級畑。果実味の豊かさ、きめ細かなタンニンが特徴です。


ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2012
94504
フランス ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2012 750ml
17,963円
(19,400円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。所有面積は0.68ha。ミュルジェはニュイ・サン・ジョルジュの北の丘に位置する秀逸な1級畑。果実味の豊かさ、きめ細かなタンニンが特徴です。
こちらまでお問い合わせください。


ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2011
91647
フランス ユドロ ノエラ ニュイ サン ジョルジュプルミエクリュ ミュルジェ 2011 750ml
14,815円
(16,000円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。所有面積は0.77ha。1級畑レ・スショーの下方に位置する区画。柔らかいタンニンが特徴です。
こちらまでお問い合わせください。


ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー1ER レ シャルム 2013
9921
フランス ユドロ ノエラ シャンボール ミュジニー1ER レ シャルム 2013 750ml
20,370円
(22,000円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。村名ワインの新樽比率は10−15%。このワインは所有面積は10箇所の区画からなる1.83ha。味わいは柔らかくエレガント。


ユドロ ノエラ クロ ド ヴージョ 2013
9924
フランス ユドロ ノエラ クロ ド ヴージョ 2013 750ml
32,407円
(35,000円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。グランクリュの新樽比率は50%。所有面積は0.68ha。シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョの裏手に位置。たっぷりの赤系の果実味を感じさせます。


ユドロ ノエラ クロ ド ヴージョ 2012
94508
フランス ユドロ ノエラ クロ ド ヴージョ 2012 750ml
32,407円
(35,000円)
1960年代に設立された家族経営のドメーヌ。プルミエクリュ・グランクリュともに樹齢は50年以上。グランクリュの新樽比率は50%。所有面積は0.68ha。シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョの裏手に位置。たっぷりの赤系の果実味を感じさせます。
1〜9件 (全9件)