ワインセット

ボンルパのワインセット キーワードは“呑み助” かなり贅沢 ちょっと贅沢 お手頃ライン

お手頃ライン

イメージ

馴染みのイタリアンでありそうなイタリアワインセット

行きつけのイタリアンでメニューに載ってそうなワイン5本。レストランが選ぶワインって、実は値ごろで味わいがグッドなものばかり。 「本日開業!今日からウチはイタリアン」、さてさてお料理は何にしようかしら、家族や友人とともに楽しい時間を!

馴染みのイタリアンでありそうなイタリアワインセット
詳しくはこちら

日本食には白ワイン きっといつの間にかなくなってしまうセット

赤ワインの元気な赤色に元気付けられていただきたい、そんな赤ワインセットです。世界各地のワイン銘醸地からボンルパが飲んでいただきたいと思う自信のワインばかりを集めました。

日本食には白ワイン きっといつの間にかなくなってしまうセット
詳しくはこちら

赤ワインは明日への活力 味わいに納得いくセット

仕事で張り切っているとき、誰かを応援したいとき、赤ワインが丁度いいです。赤い色はそのままみなぎるパワーに変わり、きっと一緒にいただくお食事も元気の出そうなコッテリ系が合うでしょうね。

赤ワインは明日への活力 味わいに納得いくセット
詳しくはこちら

世界のピノノワール6本セット

時に可憐に、時に優雅に。世界のピノノワールを愉しむ赤ワイン6本セット。 土壌、気候の特徴を繊細に表現してくれるピノノワールのワイン。日々の食卓に寄り添うようで、奥深くに主張が垣間見れたりと。開けるたびに発見のある、そんなわくわくするような愉しみもそなえています。

世界のピノノワール6本セット
詳しくはこちら

リッチなテイストが自慢のアキタニアを満喫6本セット

アキタニアの4銃士をご存知ですか?ボルドー格付け第2級シャトー・コス・デストゥルネルの元オーナー、ブリュノ・プラッツ氏、ボランジェの会長で醸造家でもあるモンゴルフィエ氏、第1級シャトー・マルゴーの醸造責任者兼総支配人のポール・ポンタリエ氏、そしてチリで活躍するフランス人農学者ソルミニャック氏というワイン界の錚々たる面々です。アキタニアは、彼ら4銃士が、ヨーロッパの醸造技術とニューワールドの栽培条件とともに、高品質ワインを目指すために作られたチリのワイナリーです。リッチなテイストでありながら価格が抑えられているワイン6本セット、フランスの名だたるワイナリーのエッセンスを感じ取ってください。

リッチなテイストが自慢のアキタニアを満喫6本セット
詳しくはこちら

ブルゴーニュワイン街道お気楽巡り6本セット

ワインを飲みだしたころは、赤・白などワインの色くらいしか気になりませんでした。ところがどうやらワインが日常に溶け込みだしたあなた、同じ赤ワインでも色々な香りや味わいがあり、ご自分の好みもはっきりしだしたのでは?そう、ワインは産地やブドウ品種、造り手によって味わいが異なるのです。ここでご紹介する6本はワイン銘醸地ブルゴーニュにあって気軽に気楽にお飲みいただける比較的お安めのワインばかりです。この6種類を飲み終える頃は“ブルゴーニュ”の味わいはほぼマスターされることでしょう。

ブルゴーニュワイン街道お気楽巡り6本セット
詳しくはこちら

たまにはバブルな気分に浸ってもいいでしょ?スパークリングセット5本

シュワシュワと音をたてて立ち上る泡は誰もを優雅な気分にしてくれます。世界各地のスパークリングワインばかりを集めたセットです。それぞれ味わいや泡立ちも異なり、好みのスパークリングが見つかると同時に、スパークリングに関してはちょっと物知りになった気分になります。

たまにはバブルな気分に浸ってもいいでしょ?スパークリングセット5本
詳しくはこちら

世界のスパークリング6本セット

“困ったときのスパークリング”、こんなフレーズに「うん、うん」とうなずける人はかなりのワイン通。炭酸を含む飲み物はビールも含め食欲が増進しお食事といただくお酒としてはもってこいなのです。ことワインに関して言うと、立ち昇る泡は優雅で気分もモリモリになり、その場を明るく華やかにしてくれます。そして何よりスパークリングは万能選手、どんな食事にも容易に合わせることができ、「ワイン何にしようかな。。。」と困ったときにきっと応えてくれます。

世界のスパークリング6本セット
詳しくはこちら

和の食卓を考えた12本セット 色んな国と味が楽しめます

和食をメインにした食卓をイメージして飲みやすいワインばかりを世界のワイン産地から選びました。赤白ロゼスパークリングとよりどりみどり、これだけあると当分ワインの心配はありません。

和の食卓を考えた12本セット 色んな国と味が楽しめます
詳しくはこちら