食べ物には最高のパートナー、シードルとガレット

シードルとガレット 食べ物には最高のパートナーがあります

お好み焼きにはビール ブルターニュ地方では?

シードルは、りんごの果汁を樽で自然発酵させて造る微発泡性のりんご酒のことを言います。

ブドウの育たないブルターニュ地方やノルマンディー地方では2000年以上も昔からりんごが栽培され、ワインと同じように人々に愛されてきました。

アルコール度数が低く、のどごしのキレはビールに似た感じです。甘口のドゥのアルコール度数は3%程度、辛口のブリュットは5%程度です。

デザートとドゥを、食事と飲むのはブリュットが合うでしょう。

長野県をはじめとする信州の特産品と言えばお蕎麦。国道を車を走らせると沿道や市街地にはたくさんの蕎麦屋ののれんが見られます。

そしてりんごの産地は比較的寒冷な土地であることは小学校の社会科で習った?
りんごも蕎麦も寒冷な土地で作られ、日本の信州、そしてフランス ノルマンディ地方でも昔から栽培されていました。

シードルとガレット 食べ物には最高のパートナーがあります

ノルマンディ地方の家庭料理、ガレットをご紹介します。蕎麦粉の生地のクレープのことで、クレープと言えば日本では甘いお菓子のイメージが強いですが、ガレットは中にはハムやチーズ、卵といった具を入れる“食事”としてのクレープです。

その土地土地の農産物を使った酒や料理、ブルターニュ地方ではシードルとガレットが最高のパートナーです。
フランスのりんごは日本のりんごよりも酸味が強く、シードルがりんごジュースのように甘いと思われていたらそれは違います。すっきりとした酸味は脂っこい食べ物を口の中でさっぱりと洗い流し、適度な発泡は食欲をそそります。

子供にはもちろん大人気 仲間を大勢集めて作るのは楽し...すぎる!!

ここでレシピをご紹介します。
材料の「水」をシードルに替えても美味しいです(一部でも全部でも!)。

材料:

生地
蕎麦粉250g、卵1個、塩小さじ1/2、水500cc(シードルに替えてもOK)、バター20g
中身
生ハム、チーズ、卵など
蕎麦粉250g、卵1個、塩小さじ1/2をボールでまぜる

蕎麦粉250g、卵1個、塩小さじ1/2をボールでまぜる

水もしくはシードル500ccを入れてまぜる

水もしくはシードル500ccを入れてまぜる

バター20gをフライパンか電子レンジで溶かす

バター20gをフライパンか電子レンジで溶かす

溶かしたバターをボールに入れまぜる

溶かしたバターをボールに入れまぜる

一晩、冷蔵庫で寝かせます

一晩、冷蔵庫で寝かせます

売っていなければ小麦粉でもOK
フライパンに生地を薄く引き、軽く表面に焦げ目が付いたら具を乗せる。 卵の白身が白くなったら皿に移す。時間を短縮するためにフライパンに蓋をする。

フライパンに生地を薄く引き、軽く表面に焦げ目が付いたら具を乗せる。 卵の白身が白くなったら皿に移す。時間を短縮するためにフライパンに蓋をする。

四隅を中へ折り込み出来上がり。卵は半熟の方がよい。ナイフで切り込みを入れるととろけだし、ソースの役目をする。

四隅を中へ折り込み出来上がり。卵は半熟の方がよい。ナイフで切り込みを入れるととろけだし、ソースの役目をする。

もちろんシードルとご一緒に。

もちろんシードルとご一緒に。