ドイツのワイン造り手
ドイツのワイン造り手
 
ヨーゼフ・ビファー醸造所 ヨーゼフ・ビファー醸造所
歴史ある都市ダイデズハイムの東に、ビファー醸造所はあります。その歴史は非常に長く、フランス・リヨン近郊出身のビファー家がドイツの銘醸地ダイデスハイムに移り住んだのが、1723年。以来、現在に至るまでドイツ国内のさまざまな分野でビファー家は活躍しています。そのビファー家がダイデスハイムの地でこの醸造所を構えたのは1879年。以降130年以上もの間、常に上質のワインを生産し続けてきました。2013年に伝統あるブール男爵家の醸造所再建を常に支えた日本人女性醸造家「徳岡史子」とブール醸造所の長年の醸造責任者ミヒャエル・ライプレヒトと共に、ビファー家のワイン造りの伝統を受け継ぐ次世代として新たな歴史的一歩が踏み出されました。
ディール醸造所 ディール醸造所
この醸造所を一目置かれる存在まで引き上げたのは、ロバート・パーカーが「ドイツで最も真剣に取り組んでいるオーナーの一人」と評価する6代目当主アーミン・ディール氏。なんと、あのドイツワインを語る上では外せない評価本『ゴーミヨ』の編集長氏でもあるのです。大学で経済と法律を学んだ後、興味を引かれた「食」を生業にするべく世界中の主要なレストランや醸造所を回わり、グルメとワインのジャーナリストとしての地位を確立。その中でどうしても抑え切れなかったのが、「おいしいワインを自分の醸造所でも造りたい」という思いでした。
マイヤー ネーケル マイヤー ネーケル
ドイツワインガイドブック『ゴーミヨ』にて赤ワインで初の年間最優秀醸造所に選ばれた快挙を成し遂げた、ドイツを代表する造り手であるにもかかわらず、日本ではあまり知られていません…が、それもそのはず、まだブドウの状態であるうちから、予約で完売してしまうため、ドイツ国外に出回ることが僅少なのです。
シュミッツ・キンダー シュミッツ・キンダー
バロックの古都、ヴュルツブルクから車で15分、悠々と流れるマイン川を望む急斜面のブドウ畑のふもとに、その醸造所、シュミッツ・キンダーはあります。
フランケン地方慣例の畑の分割相続に反対した結果、一族が共同でブドウ畑を運営し、ワインを醸し、”Schmitt's Kinder(=シュミッツ家の子)”という名の下共同で販売し始めた1910年代以来、フランケン地方でも名高い家族経営の醸造所のひとつとして数えられています。
シュロス ゾマーハウゼン シュロス ゾマーハウゼン
現在、畑の世話、醸造を手掛けるのは、ソフトハットがトレードマークの11代目当主であるマーティン・シュタインマン氏。「休暇の時期になってもどこにも行かない。ブドウにもワインにも世話が必要だし、そして何よりここが好きなんだよ」という彼は、心からワイン造りを愛し、楽しんでいます。
シュロス シェーンボーン シュロス シェーンボーン
ラインガウの上流、ハッテンハイムに位置し、全ラインガウに分散して畑を所有していますが、それぞれのテロワールを繁栄した、清廉で美しいラインガウの典型が感じられるワインを生み出します。