南仏のワイン造り手
南仏のワイン造り手
 
ドメーヌ モンローズ ドメーヌ モンローズ
1701年からブドウ栽培に携る歴史ある造り手で、今も昔と変わらずコスト家が管理している家族経営の醸造所です。『モンローズ』とは、『桃色の丘』の意味。醸造所を頂く山、そして、春になると畑の周りに咲き誇る桃色のアーモンドの花を象徴する名前なのです。
ドメーヌ ド クロ デ・フェ ドメーヌ ド クロ デ・フェ
元フランス最高ソムリエとなった輝かしい経歴を持つオーナー。
あのジャン・リュック・テュヌヴァン氏がパートナーとしてワイン造りに参加するなど、
その圧倒的な存在感と高評価から南仏のヴァランドローとまで噂される「ドメーヌ・ド・クロ・デ・フェ」。古い街並みに溶け込んだその姿はまるで普通の民家のよう...