チリ地方のワイン造り手
チリ地方のワイン造り手
 
ヴィーニャ エル アロモ ヴィーニャ エル アロモ
ヴィナ エル アロモ は、1922年よりスタートした、3代に渡って葡萄栽培、及びワインを造っているファミリーワイナリー。品質へのこだわりだけでなく、経営やデザインなど細部まで考え方がしっかりしており、大変信頼できるワイナリーです。マニュエルさんの代になり、国 内外のコンクールで次々とメダルを獲得、世界中からオファーが来るようになり、今では日本を含め世界25カ国で、このアロモ社のワインは愛されています。 フレッシュで凝縮感たっぷりのワインを作り出す、コンクール受賞常連のスーパーワイナリーです。
ヴィーニャ・アキタニア ヴィーニャ・アキタニア
アキタニアはヨーロッパの醸造技術と、ニューワールドの栽培条件とともに、高品質ワインを目指すために作られました。1981〜88年、ブルーノ・プラッツ氏とポール・ポンタリエ氏が地元の農学者や地質学者とともにチリの土壌の可能性を求めたのです。