アルザス地方のワイン造り手
アルザス地方のワイン造り手
 
ドップ エ イリオン ドップ エ イリオン
恵まれたテロワールを活かすため、化学薬品や肥料は最小限しか使用しない、環境に調和的な方法でブドウが栽培されます。剪定後の枝は肥料として土に返され、ブドウの樹と樹の間の畝の雑草は必要とあらば除去されることはありません。また、クローニングした樹は使用せず、畑のブドウの樹は自然に繁殖するように育てられます。