ブルゴーニュ地方のワイン造り手
ブルゴーニュ地方のワイン造り手
 
ユドロ ノエラ Hudelot NOELLAT ユドロ ノエラ Hudelot NOELLAT
現在、ヴージョ村に本拠地を置き、ヴォーヌ ロマネのレ スショやマルコンソーレニュイ サン ジョルジュのミルジェ、シャンボール ミュジニーなどコート ト ドールの主要な生産地に10ヘクタールにわたる区画を所有しています。
エル ラロッシュ L.LAROCHE エル ラロッシュ L.LAROCHE
ラロッシュ家は、1850年以来シャブリ地区でワインを生産している一族です。5代目にあたる現当主ミシェル・ラロッシュは祖先から代々続くこの家業を1967年に引き継ぎました。
ジェラール ラフェ GERARD RAPHET ジェラール ラフェ GERARD RAPHET
親父はジャンベルタン・クロ・ド・ベーズの名手、わたし...どうやら世間は騒いでいるようだが、わたしは父とともにワイン造りをやってきて、それはこれからも変わらない。
バラック・ド・ラ・ペリエール バラック・ド・ラ・ペリエール
バラック社では、ぶどうの品質にこだわるため、収穫は全て人の手による手摘みです。コストがかかりますが、これは徹底したこだわりなのです。なぜなら機械で収穫した際と比べるとワインの品質は雲泥の差となるからです。 
アラン パトリアルシュ アラン パトリアルシュ
アラン・パトリアルシュはブルゴーニュのムルソーの造り手です。このドメーヌが使う樽は、涼しい気候の中で徐々に引き締まって成長した樹齢100年以上のトロンセ産のオーク材です。シャルドネ種が潜在的に持つスモーキー感を、このオーク樽を使うことでさらにじっくりと染み出させていきます。当主のアランはあまり多く語る人柄ではないですが、紅潮した頬、優しい笑顔が人柄を語っています。
リュシアン ボワイヨ リュシアン ボワイヨ
平均樹齢がなんと50年。しかも中には100年近い畑も存在しています。もちろん栽培には化学肥料、除草剤を使用しないリュット・レゾネ。ワイン造りにおいては、繊細で柔らかいタンニンを引き出すために、100%除梗したブドウを自然酵母を用いて発酵。18〜25日間と少し長めの発酵期間の中で、日に2度のピジャージュを行い丁寧にワインの滋味となるブドウの成分をじっくりと抽出。そして熟成は樽の中で静かに18〜25ヶ月の間寝かせます。このとき30%までしか新樽を使わず、あくまで強すぎずエレガントに。