ボルドー地方のワイン造り手
ボルドー地方のワイン造り手
 
カントリス カントリス
かつて低迷していたシャトー・スミス・オー・ラフィットを買い取り、惜しみない設備投資と並外れた品質へのこだわりで、今やロバート・パーカーが「ペサック・レオニャン最上のワインワインのひとつ」と評し、珠玉のボルドーワインとして数えられるまでに磨き上げたカティアール夫妻。そんな彼らが新たに手掛ける話題ワインが、シャトー・カントリスです。
クレスマン クレスマン
150年の歴史を持つボルドーの最大手ネゴシアン、CVBGが贈る、信頼のクレスマンブランド。その中でも、南仏の太陽を存分に浴びて育ったブドウの「単一品種の良さを最大限に引き出した」というコンセプトを持つのが、この『SOLO』シリーズです。
グレ グレ
あのシャトー・コス・デストゥールネルのオーナー、ミシェル・レイディエ氏と、醸造家、ジャン・ギヨーム・プラッツ氏が、所有するいくつかの畑からブレンドして生み出した、高品質かつリーズナブルなACメドック。