モダンバローロの父『ロッケ ディ マンゾーニ』農園
ロッケ ディ マンゾーニ、その歴史
ロッケ ディ マンゾーニ、その歴史
息子ロドルフォ氏は近隣の仲間と共に、徐々に自社の畑をビオディナミに切り替え、健康な土壌と健康なブドウを作ることに心血を注いでいます。

また、ヴァレンティーノ氏のワイナリー造りを引き継ぎ、出来上がったワインを飲み頃になるまで市場には出さず、完璧なコンディションに整えられたセラーで寝かせ、まるで自分の子供のように育てます。

ロッケ・デイ・マンゾーニの高い品質は、綿密な醸造作業や、より良い品質を常に求め続けていることだけでなく、ブドウに対して非常に手間をかけていること、例えば枝の剪定やブドウの間引きを行って、収穫量を非常に少なく抑えていることで保証されているのです。
現在も一部の樽の熟成庫として使われているオリジナルの建物は、1700年代に立てられた農家の建物で、当時は一階で家畜を飼い、二階で人々が暮らしていたが、やがて1800年代からワイン作りが行われるようになりました。

ヴァレンティーノ氏はこの古い建物に魅せられ、オリジナルの部分を極力残しながら、自分の理想とするワイン造りに向くよう改造を加えていきました。
収穫

畑で収穫(手摘みで、ブドウをつぶさないため容量8KGの小さい箱で収穫)されたブドウは、まず屋外のタンクに入れ、温度管理下で21日〜23日間かけて発酵させます。その後果皮を取り除き、バリックで熟成をします。
樽熟

成樽は全てフレンチオークで、トーストの度合いなども醸造家(ジュゼッペ・アルベルティーノ)が全て選びます。ワインに使うのは新樽のみで、ボトリングの終わった樽はグラッパやウィスキーのメーカーに売却しています。熟成一年目の樽は熟成庫の1階に、2年目からはCANTINA IOLANDA(ヨランダのセラー:ヨランダはヴァレンティーノ氏の妻、現社長・ロドルフォ氏の母)と呼ばれる地下セラーに移されます。

カンティーナ・ヨランダには約2500個の樽が置かれており、天井は大聖堂のようなドーム型がいくつも連なった形で、漆喰の壁や天井は、柱とそこからつながるアーチ型の梁の部分がレンガで縁取られています。この様式はピエモンテに昔から伝わる建築様式で、いまではこのドーム型の天井を作れる職人はピエモンテにもわずかしかいません。

熟成の途中、澱引きの目的で、一年に3〜4回TRAVASOと呼ばれる作業が行われます。これは熟成中の樽のワインを一旦バットに移し、澱のついた樽の内部を水で洗浄し、充分に乾かした後ワインを元の樽に戻して再び熟成させる作業です。
瓶熟成

樽で頃合に熟成したと判断されると、ボトリングの後ボトルの熟成庫へ移します。この瓶熟成用のセラーが圧巻。「Cappella Sistina di Barolo バローロのシスティーナ礼拝堂」と呼ばれている通り、ドーム型の天井には、最後の審判を模した天井画が、このワイナリーのフラッグシップともいえるワイン、Bricco Manzoniの3Lボトルのラベルの絵を描いている地元ピエモンテの画家 Guy Rivoir(ギイ・リヴォワール)によって描かれています。

天井にはヴァレンティーノ氏や、ワイナリーで飼われている犬も描かれており、大理石の柱にはバローロで初めて協同組合を設立した貴族などバローロの歴史に関わる偉人の肖像画が描かれ、床は大理石のモザイクでロッケ・デイ・マンゾーニの紋章と図案化された太陽が描かれています。

ここではほぼ24時間、クラシック音楽(モーツァルトやベートーベン等)が流れており、ボトリングされたワインやスプマンテが、大理石の壁に囲まれた小部屋で音楽を聴きながら眠りについています。
なぜここまで凝った熟成庫を作り上げたのか?

この建物はレセプションや広報のためではなく、純粋にワインのためだけのものだとか。ワインは生き物だと思っているので、こうして、バローロの伝統を描いた美しい環境に置き、美しい音楽を聞かせながら寝かせることで、ワインが受けた感動が、飲む人に伝わると考えられています。

”Vogliamo produrre un vino di emozione.(私達は、心を動かすワインを造りたい)“ヴァレンティーノ氏が、そして息子ロドルフォ氏がよく口にし、スタッフも皆そう思っている言葉です。
美しい環境・美しい音楽を聴いたワイン・・・それが飲む人、ひとりひとりの心に響き渡ります。
 
1〜1件 (全1件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


ロッケ ディ マンゾーニ バローロ リセルヴァ ピアンポルヴェレ ソプラーノ ブッシア 2007
95258
イタリア ロッケ ディ マンゾーニ バローロ リセルヴァ ピアンポルヴェレ ソプラーノ ブッシア 2007 750ml
22,870円
(24,700円)
いわゆるバローロ・ボーイズの先駆者とも言われ、バローロで初めてバリックでの熟成を行ったワイナリー。ブッシアはバローロでも最も重要なクリュの一つ。ビオディナミ。樽熟成7年間。
買い物カゴ
1〜1件 (全1件)