プレパラートの作製
インデックス マインクラングとは ビールを愉しむ ジュースを愉しむ ワインを愉しむ 生産者の声 オーガニック認証 ワイン生産 プレパラートとは ヴィオディナミ この特集のトップ
プレパラートの作製
天然素材からの神秘的な肥料作り
自作のプレパラート
マインクラングは、ビオデュナミ農法を行うグループとともに活動しており、春分と秋分に近い時期、年に2回集まり、意見交換しています。そして、お互いのビオデュナミ農法に対する熱意を高めあっているのです。製法や素材は神秘的で趣深いものとなっています。
牛角プレパラート(500)畑に散布
牛角は複数回、お産を経験した牝牛の角を、屠殺後に切り落とした物を使用します。秋分のころにこの牛角に牛糞を詰め、よく肥えた土壌を選んでその地中深くに埋めます。牛のエネルギーは角に蓄えられると考えられていて、冬の間そのエネルギーは、中に詰められた牛糞に移行します。そして、春に掘り起こされます。このようにして作った牛角プレパラートは、土の中の微生物の活動を活発化させ、腐葉土の形成を促進し、土壌全体のつくりを良質な物に変えてゆきます。また、土のpHを調整したり、種の発芽を促し、根の発育、特に地下方向に伸びる根の発育を促進します。そのほか、マメ科植物の節目形成や、成育を促し、地層深くにまで及ぶ土壌内のミネラル分の分離を助け、塩分が高まりすぎた土壌の緩和を促します。
 
石英を細かい粉にし、雨水に混ぜ、牛角に詰めます。それを夏の間、土に埋めます。細かい粉にすることで、石英の表面積を高め、反射能力を高めます。そして夏の間、地中で夏の熱と光を吸収貯蓄します。このプレパラートが持つ光エネルギーは、植物の物質代謝を促進させます。
 
西洋ノコギリソウの花を摘んで鹿の膀胱に詰めます。それを夏の間、風通しの良い日のよくあたる場所に置いておきます。そしてそれを秋に土に埋め、春に掘り起こします。鹿は角を有する動物で、これらの動物は宇宙のエネルギーを吸収するとされています。そのエネルギーは物質代謝を通して膀胱まで達します。腎臓や膀胱は塩分や窒素、カリウムを尿内に排出させる臓器です。
 
一年草であるカミルレは、圧迫された土を柔らかくさせ、畑の土の上層部を弾力のあるものに保ちます。そして、植物に回復力を与える効力もあります。冬の間このプレパラートは、土の中で寝かせますが、カミルレが持つ特有の香りを失うことはありません。カミルレは、植物に抵抗力を与えます。
 
土のつくりを良くし、余分な鉄分と窒素を吸収します。イラクサは、それをプレパラートに加工することでその効力をさらに高めることができます。花が咲く直前に切り取り、1年間湿度の高い土の中で、埋めておきます。
 
オークは生命の生存競争とそのエネルギーの象徴です。オークの木皮は幹が太くなるに連れてぼろぼろとはがれてきます。その木皮層が樹の幹を保護する役目をしています。この層は、ただ単に幹を覆っているだけではなく、カビの繁殖を防ぐのに有効なカルシウムを多く含み、害虫駆除の効力があるタンニン酸も多く含んでいます。オークの木皮は、8月の末に削り取られて、動物の臓器に詰められて、土に埋め腐敗させます。このプレパラートは、カビ繁殖のような害から作物を守ります。
 
開花直前のつぼみを春の晴れた朝に摘み取り、数時間日に当ててしおれさせた後、風通しの良い日陰で乾燥させます。秋分のころから10月末にかけてこの乾燥させたつぼみを水、もしくはタンポポの草部分をプレスしてとった液に浸し、その液体を作物に散布します。
 
カノコソウの根から抽出した物は、精神安定剤として一般に良く知られています。カノコソウの花は、植物のリン代謝を促進させ、たとえば果実の開花時期に撒くことで、霜害を防ぎます。それだけではなく、開花過程自体も活発化し、果実形成を促す効果もあります。花から絞った液を乳酸発酵させて作ったプレパラートは、作物を冷気から守るコートの役割をしています。
 
インデックス マインクラングとは ビールを愉しむ ジュースを愉しむ ワインを愉しむ 生産者の声 オーガニック認証 ワイン生産 プレパラートとは ヴィオディナミ この特集のトップ
 
1〜5件 (全5件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


マインクラング プローザ ピノノワール スパークリング ロゼ
37690
オーストリア マインクラング プローザ ピノノワール スパークリング ロゼ 750ml
2,593円
(2,800円)
ピノノワールのフレッシュ感が心地よく、イチゴ、クランベリーを思わせる美味しさが口一杯に広がるすてきなスパークリングワインです。アルコール度数もシャンパンより少し控えめで、お家からパーティなどでもたくさんの方に気軽に楽しんでいただけます!
(注)抜栓にはソムリエナイフが必要です。


マインクラング グリューナー フェルトリナー
10496
オーストリア マインクラング グリューナー フェルトリナー 750ml
2,500円
(2,700円)
デメテル認定のBIOワイナリー「マインクラング」が、グリューナー・フェルトリナーという オーストリアの代表的な白ブドウ品種から作る爽やかな辛口白ワイン。 さわやかで調和の取れた酸味はミネラルが感じられ、非常に口当りが良い仕上がりです。 繊細なアロマが心地よく、軽い食事や魚料理によく合います。


マインクラング グラウパート ピノグリージョ
38956
オーストリア マインクラング グラウパート ピノグリージョ 750ml
3,148円
(3,400円)
マインクラングはデメテル認定の有機ブドウ栽培者。このワインはイタリアで有名なブドウ品種、ピノグリージョ種を使用。極めて低温の長い発酵による厚みのあるボディ、非常にミネラリーで、良好な酸味とコクのバランスがとれている辛口白ワインです。


マインクラング ツヴァイゲルト
111903
オーストリア マインクラング ツヴァイゲルト 750ml
2,685円
(2,900円)
赤紫色が美しく、プラム・スミレ・ストロベリーの香り。優しくて丸みのあるタンニンとブーケが楽しめる逸品です!なんとワイン王国30号のベストバイ4ツ星ワインにも選ばれました!!
   


マインクラング ピノノワール
111904
オーストリア マインクラング ピノノワール 750ml
2,593円
(2,800円)
ヴィノテーク369号にに掲載されました。ヴィノテークのスタッフがわざわざオーストリアのマインクラングを訪ねリポートされたようです。確かにこの造り手は神秘的です。
ヴィノテークのコメント色調はほんのりとオレンジがかった濃い目のルビー・ガーネット。香りは複雑性を含んでおり、野いちごのコンフィや野ばらのドライフラワーに、腐葉土やなめし革、タバコの葉、ほのかにローストや甘苦系スパイス香などが調和。味わいはまろやか果実味から、タンニンは前半溶け込み、後半スパイスのフレイヴァーを伴っている。合う料理:イベリコ豚のグリエなど。

詳細は→

寒暖の差が大きいミクロクリマで造られています。色は淡いルビー色で、フランボワーズ、プラムの香り。甘みがほのかに漂い、美しい酸味がありフルーティー!愛らしいサクランボの香りとエレガントな渋みは絶妙なバランスです。味わいの展開が魅力的なピュアで美味しいピノノワールです!
1〜5件 (全5件)