TARLANT Champagne タルラン〜どうか五感を研ぎ澄まして飲んでください
私たちはクリュ、パーセル(区画)、そして土地の奥深い多様性を引き出すこを大切に しています。
各パーセルにはそれぞれの個性があります。私たちはそれらの複雑さに耳を傾け、それを 護りそして話させることに勤めます。
所有面積: 4つのクリュにまたがる13ha。
土地の分布: 4つの村ウイィ、ブルソー、サンタニャン、セル・レ・コンデに 48 の パーセル(区画)を所有。
地質: チョーク質、石灰質、スパルナシアン(粘土石灰質)、砂質、小石・砂利。 標高150mから80mまで、丘の場所、パーセルにより地質構成は変わります。
マルヌ渓谷が私たちのブドウにとても良い 役割をもたらします。水の流れが天候上の バランスそして"第3の太陽"の現象が私た ちのブドウ畑に特徴をもたらします。


  一般気候: 大陸性、海洋性気候
  位置: 北緯49°
  平均気温: 10℃
  平均降水雨量: 675mm/年
環境への気配り、自然がブドウ栽培のあり方を示してくれます。 考え抜き抜かりない仕事が生物界の多様性と微生物に働きかけます。
栽培品種: ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ ・ムニエ、アルバンヌ、ピノ・ブラン、 プティ・メリエ
平均植樹数: 9000本/ha
平均樹齢: 29年
剪定法: コルドン・ド・ロワイヤ、シャブリ、 ヴァレ・ド・マルヌ、ギュィヨ
接木: 41 B 、 SO4 、 3309 、Fercal 、Pieds francs(ヴィーニュ・フランセ−ズ)
自然バランス: 防虫用コンフュージョン・セク シュエル、有用な生物の繁殖。
肥料: 必要に応じたビオロジック肥料。
雑草の活用: 土壌への配慮と侵食防止のために 、随時もしくは冬季にパーセルによって雑草 を生やしたままに。
収穫: 各テロワールの特徴を守りながら、完璧な ブドウの成熟を待ち健全なブドウを手摘み。
昔からブドウの圧搾(プレス)は家族によって 伝統的なやり方で行われます。
今日、プレスはブドウの収穫後できる限り直ぐ 行い、各パーセルの特徴をそのままの形で 表現することを可能にしています。
上質の果汁を得るために健全なブドウ、そして 無理の無い負荷の少ない優しいプレスに細心の 注意を払います。

プレス機: 2機の最新式プレス
設備: "qualitatif champagne"承認
プレス: パーセル、テロワール毎に
果汁の搬送: 自然の重力による
摘出方法: ブドウに無理をかけない厳しい分別
一つ一つのブドウがそれぞれ持っている個性を 引き出すきめ細かい醸造を行います。
テロワールの個性は樽での発酵でよりよく表現 されます。樽醸造への自問、試行、適応はシャ ンパーニュのワインへの数あるアイデアのひと つです。 微生物ワイン醸造ミクロ・ヴィニフィカシオン によるワインと樹の間での作用、これこそがは っきりとしたアロマを備えた並外れたワインを 与えます。

パーセル毎の醸造 一時発酵は、新樽もしくはワインの古樽、 そして温度管理ができる小ステンレスキューブ で行われます。
貯蔵庫: ウイヤージュ(補酒)、 冬季バトナージュ(澱攪拌)
カーヴ: 自然による清澄 マロラクティック発酵は行いません。
ヴァン・ド・レゼルヴ: 樽熟成
私たちはその年に収穫されたブドウの個性・ 特徴を反映するワイン造りを心掛けています。 テイスティングは、フラットな感覚のもと非常 に多彩で、情的な力強さに富んでいます。
同時に、異なった世代が一緒になって培ってき た経験、喜び、ひらめきを持ちシャンパーニュ のワインを造り続けます。
春: 新たにワインが開く時
スティルワイン: モザイク状に点在する各ブド ウ畑の個性を表現する偉大な芳香と風味を運ぶ
テイスティング: 4世代に渡るタルラン一家が アッサンブラージュ(ブレンド)を創り上げま す。
手作業により、ボトルは横に寝かし積み上げられ、澱と共にワインが少しずつシャンパーニュ へと変化します。
数年かかる瓶内熟成は必須です。このゆるやかな熟成がシャンパーニュをより複雑に、そして 奥行きのある芳香を与えていきます。
カーブ: 理想的な温度を保つ地下カーヴ
栓: 王冠もしくはコルク栓(保存用の特別キュヴェ”Saga”に)
熟成期間: 平均5年
ルミュアージュ(動瓶): ピュピートルもしくはジロパレット(オートマチック)
ナチュラル、率直、真正なワインへの私たち の望みは「ドザージュなし」、もしくは最小 限にとどめます。私たちのブドウの樹の起源 から、それまでの実直なきめ細かい作業の流 れがワインを通して明確にされます。
いかなる時も細心の注意を払い極度の厳しさ を必要とすることが、自然の活力をシャンパ ーニュのワインの多様性と率直さへともたら すために最も重要な部分となります。
デゴルジュマン: 伝統的
ドザージュ: ほとんどのキュヴェでドザー ジュなし。もしくは 0 から 6g/L


外観: 黄金の色調に琥珀の色合いがにじむ。泡は細かくクリスタルのような輝きを。
香り:  芳醇で力強く、樽、ドライフルーツ、ヴァニラやトーストなどの繊細で複雑な芳香。
味わい:  華麗で滑らかに複雑、そして次々とあらわれる旨みに溢れています。余韻に感じる優しい蜂蜜のアタック、ゆったりと成熟感のある力強さ。長熟を感じさせる深みのあるシャンパーニュです。
品種: シャルドネ 50% ピノ・ノワール 50%
土壌: チョーク質の小区画 ”レ・クレィヨン” ウイィ村(ヴァレ・ド・ラ・マルヌ)
樹齢: 60年
醸造: 新樽と4年目までの樽を使い樽内一次発酵、マロラクティック(乳酸)発酵は行わず、バトナージュを行い、翌年5月まで樽熟成。
1〜4件 (全4件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)


タルラン トラディショナル ブリュット
7060
フランス タルラン トラディショナル ブリュット 750ml
7,407円
(8,000円)
55の土壌を使いわけ、強すぎるまでのエスプリを持ちながら、非常に丁寧なシャンパーニュ造りを行うレコルタン・マニピュラン「タルラン」。このトラディション・ブリュットは、石灰質が主体の土壌で、ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ35%、シャルドネ15%のブドウを巧みにブレンドし造られており、澄んだ黄金系の色合い、熟した果実、りんご、アプリコット、煎ったアーモンドの心地良いブーケを醸し出しており、しっかりとして、力強い味わい、生き生きとした余韻が楽しめます。鶏肉や豚肉のソテーなど、厚みある味わいがお肉料理にも抜群の相性をもたらします。ピュアながら強い志のあるインパクトはまさに職人魂のこもったシャンパーニュです。


タルラン ロゼ ブリュット
7063
フランス タルラン ロゼ ブリュット 750ml
7,870円
(8,500円)
土壌は石灰と砂質主体で、シャルドネ85%、ピノ・ノワール15%のブレンド。白ワインと赤ワインをブレンドしてつくったロゼワインです。ピンクの花びらの様な色合いで、溌剌とした泡立ち、スパイスやチェストナッツ、イチゴなどの華やかなブーケのある、きれいなロゼです。


タルラン ゼロ ブリュット ナチュール
72546
フランス タルラン ゼロ ブリュット ナチュール 750ml
7,870円
(8,500円)
土壌は石灰質が主体で、シャルドネ60%、ピノ・ノワール30%、ピノ・ムニエ10%のブレンド。ステンレスタンクで発酵。マロラクティック発酵は行いません。エレガントなノーズ、アロマティックなフィネス、ミネラル感もあり、ナッティな風味に豊かな果実味が楽しめます。
入荷までしばらくお待ちください。


タルラン キュヴェ ルイ ブリュット
7066
フランス タルラン キュヴェ ルイ ブリュット 750ml
12,500円
(13,500円)
ロバート・パーカーの『バイヤーズ・ガイド』で、ジャック・セロスやサロンで有名なドラモットと同評価の4ッ星を獲得し、「ノン・ヴィンテージ・シャンパーニュの優れた19の生産者のひとり」にも選ばれた、1687年にヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区のウイイに創業したレコルタンマニュピュランの超老舗。ブドウが健康であるということは、土地で健康であると同じことだという持論から、化学肥料は使わない昔ながらのブドウ栽培を行っています。キュベ・ルイに使われるワインは、クリュッグと同じ新樽醸造・熟成が施され、ヒュー・ジョンソンが「クリュッグのスタイルの傑出したシャンパーニュ」と称える琥珀色の味わいは、円熟の極み。干したマンゴーやパイナップルなどの南国の果実、ヴァニラ、トースト、そしてやさしいハチミツが香り、とろりとした舌触りの果実味は非常に複雑。良く熟成されたスケールの大きい、タルランが誇るマルチヴィンテージ。【ブドウ品種】シャルドネ50%、ピノノワール50%
1〜4件 (全4件)