正に限定、オンリーワン あなたにとっての思い出深い2017年、その記憶をワインラベルに刻む

慈善ワイン「オスピス・ド・ボーヌ」は、よくあるワインのオリジナルラベル作成サービスとは全く違います。

慈善の心が産んだ歴史あるワイン「オスピス・ド・ボーヌ」

今から遡ること500年以上の西暦1443年、ブルゴーニュ公国の財務長官ニコラ・ロランが私財を投じて建設した病院がオスピス・ド・ボーヌです。彼が所有するぶどう畑を寄付して、そこからできたワインを売った利益で貧しい人に無料で治療を施していたという歴史あるワインなのです。

最良畑が揃う「オスピス・ド・ボーヌ」のワイン

オスピス・ド・ボーヌに寄付された畑は、ブルゴーニュ各地の優良畑が揃っており大変ポテンシャルの高いワインが産まれます。長期熟成にも耐え得る特級畑から1級畑の数々もあり、メモリアルのワインとしてこれ以上ない期待に胸が高鳴ります。

オスピス・ド・ボーヌのワインラベルに名前を記すこと

約150年前からオスピス・ド・ボーヌのワインは毎年11月にオークションにかけられ、そのオークションで落とされた利益は、現在もニコラ・ロランの精神を受け継ぎオスピス・ド・ボーヌに寄付されています。つまりオスピス・ド・ボーヌのワインを「購入すること」は、「寄付すること」となり、その慈善の心の現れとしてワインのラベルに名前が記されるということなのです。

オスピスドボーヌを12本ご注文いただくとワインラベルにお好きな名前などの文字が入ります。
ラベル