あなたにとっての思い出深い2017年、その記憶をワインラベルに刻む

たとえば、こんな活用方法をされています。