味が未完成だからイイ。最終調味は自分で出来るソース
味が未完成だからイイ。最終調味は自分で出来るソース
冷蔵庫がからっぽ、ご飯も炊いていない、というかなり面倒くさい状況の中、何か作らねばならない、使いかけのたまねぎ半分、ベーコンの端っこを炒め、フードストックにある瓶ものソースを使ってスパゲッティ、よくやる逃げ道です。 子供は少し濃い目の味付けのインスタントもので喜びますが、すでに調味済みのソースにあえて野菜やベーコンを加えるのは、“完成しすぎた”味を消すため。 そんな感じでやや不満のあった瓶ものソース、ところがちょっと変わった商品がこのシリーズ。 どうやって食べようかと味見をすると、ちょっと薄い、主役になりそうな味ではありません。これが食いしん坊にとってはさらに関心をそそり、どうやって使ってやろうかと食材探しで生鮮売り場をグルグルと...
調理例
塩胡椒した鶏肉に、アーティチョークガーリックパテをたっぷりと塗る
大きめにカットした野菜をバターソテー、塩胡椒で味を調える
鶏肉でソテーした野菜を包み、表面を塩胡椒して鍋で蒸す。写真には芽キャベツが添えられているが、これはNG。別に茹でた方がよい。茹で過ぎて色が悪くなり苦味も出る。しかし鶏肉の中に包んでしまうのはOK。
このソース、ニンニクがベースになっているので、ごく普通の食材を美味しく変えてくれる役目をするのではないかと、そして身近にある食材で簡単に出来なければならないと選んだのが、鶏肉、パプリカ(赤・黄)、エンドウ、ズッキーニ、芽キャベツ。要は、これがじゃがいもやにんじんであっても構わず、どちらかと言えば脇役な食材の方がいいようです。
皿に盛り付けてからジェノヴェーズソースの方を上から散らし完成。
ジェノヴェーゼペースト パテ
オリーブオイルで薄めてカルパッチョのソースとしても大活躍。
トマトペースト  パテ
豚肉とたまねぎとトマトペーストを一緒に炒め、それをイカで包んで焼きましたが、このソースに限っては単品でもとても美味しく、ソースになっていてもトマトの味を損なっていません。パスタ タリアテッレの味付けとして使っても最高に美味。
ルッコラペースト パテ
スライスしたマッシュルームを塩胡椒バターソテー、そこにサッと火を通す程度にルッコラも加えるだけのシンプルな温サラダ。ルッコラをソテーするときに少しだけソースを加え、あとは盛り付けてから皿の周りに点々とソースを置きました。ピンク色は生ハム、一番安いもので十分です。